しーまんの映画から学ぶ人生

しーまんの映画から学ぶ人生

映画は一人で見に行くけど、なんだかんだ感想は話したい。だけど話す相手がいないからブログを書く事にしました。

【スポンサーリンク】

【ライブ・レポ】しーまんの『三浦大知BEST HIT TOUR 2017』感想〜Part2〜

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:shiiman:20180121004249j:plain

 

 

この記事は

しーまんの『三浦大知BEST HIT TOUR 2017』感想〜Part1〜

の、続きです。

〜Part1〜を読んで無いという方はこちら↓のリンクからいけます。

www.shi-man6354.com

 

 

それではサラリと続きを始めましょう (笑)

 

 

 

・・・野郎たちの見とれちゃうダンスパフォーマンスが終わると、椅子が登場します...

はい。もうあれですね。

 

 

 

 

13. Lullaby 

 

椅子が出てきたらLullabyという方程式が成り立ってるから面白いよね三浦大知って(笑)

でもね、今回久しぶりにLullabyのダンスが見れたし、椅子の上に立つ行儀の悪い大知くんも見れたので大満足。

で、確かこの曲の途中で後ろのモニタースクリーンがアーチ状に変形しながら徐々に上に上がっていたと思います。

あのモニタースクリーン、Mステでも見たことあるけど凄い薄いんだよね~。面白いな~。

この話はどうでもいいや(笑)

 お次は

 

 

 

 

14. Darkest Before Dawn 

 

この曲が披露されたのは良いんですが、俺の隣にいた奴が衝撃的な状態になっておりました...。

 

友人(しょー君)が謎に泣いてたんですよwww

 

え!?・・・ ぇえ!?

f:id:shiiman:20171228112740g:plain

 って感じでしたよ。

 

でも分かる。

あの

ダーケスビフォドォーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン

って伸ばすところのピンと張った歌声の美しさと迫力はホント凄い。

ワンピースでいう覇王色の覇気だよあれ...

凄い!と 美しい!ってのが合わさって、もう俺の感受性のキャパシティはオーバーしてましたね(笑)

だから、しょー君もそんな所で泣いたのかな~と思って、LIVE終わったときに

「何で泣いてたわけ?」

って聞いたんですよ、しょー君に。

でも彼がなんて言ってたか忘れちゃいましたーwww

 

だからラインでもう一度聞きました。

ってことでこれが、三浦大知LIVE初参戦の男が泣いた理由です。

f:id:shiiman:20171228114953p:plain

ですって。

しょー君は「リンキンパーク」を敬愛しているんだけど、ちょっと前にリンキンパークのボーカル、チェスターさんが自ら命を絶ってしまってるんですよね...

そんなこともあって、彼は涙したそうですね。

三浦大知のファンになり立ての人間が何歩先の心配してんのよって感じですけど、プレッシャーに関しては僕も似たようなことを思ってて涙ですね。

 

人の悩みってのは消えることは無くて、解決すれば新しい悩みが出てくるわけですよ。

ってことは、凄いパフォーマンスをする人は凄いパフォーマンスが出来る人なりの悩みがあるはずです

三浦大知は悩んでるかは知らないけど、少なからず 

"前作を超えなければならないプレッシャー" っていう悩みはありますよ絶対。

だって考えてもみてください。

一度でも凄まじいシングル・アルバム・ライブを作ってしまったら次は前作を超えられるのかっていうプレッシャーをエンターテイナーなら誰だって感じると思いません?

 

ちなみに三浦大知は「仮面ライダーエグゼイド」制作発表記者会見に出演した時にこんなことを言っています。

ボク自身、ソロとして音楽を続けて11年ですが、仮面ライダーには45年の歴史があり、45年続くなかで、それまで築いたものを新しい仮面ライダーが毎回超えていくことは本当に凄いことだと思います。

引用:https://ent.smt.docomo.ne.jp/article/141251

これって明らかに、自分もエンターテイナーとして前作を超える大変さだったりプレッシャーと戦ってるから出てくる言葉だと思いませんか??

ましてや彼はただの歌い手じゃなくて自分で演出だったり振り付けもしてしまう、まさに "アーティスト" な人なんだからプレッシャーは並大抵のものじゃないですよね。

それでもですよ?

それでも大知くんは、自らも楽しそうに笑顔で必死にパフォーマンスして、ファンの期待に常に応えてませんか?

そんな彼の姿に泣いちゃいますよ僕も...

もう、文句なんて言えないし、ファンを通り越して尊敬する人になっちゃいますよ…

 

 

・・・なんか、、、気づいたら全然ダーケストの話してないというねwww

ま~いいや(笑)

 

 

 

 

 

 

15. Right Now

 

この辺から改めて三浦大知が心配になってきました。

いくらなんでも歌いすぎですw

体どうなってるの?って感じ。

俺なんて、忘年会シーズンってこともありカラオケにたまたま2日連続で行ったんすけど、それだけで喉がイガイガして辛いですからね...

大知くんも2日連続で歌ってるのに俺と違って喉がスーパークリアなのは何が違うんすかねいったい...

プロとカスの差を凄いかんじました...(三浦大知との差を考えるのもお門違いな気がするんですけどねw)

 

あと、Right Now終盤の追い込みダンスも凄すぎでした。

怒涛の怒涛で、手拍子するの忘れましたよ...。

 

 

 

 

 

16. I’m On Fire

 

今回のI’m On Fireは、The Entertainer仕様でしたね。

youtu.be

 

簡単に言うと間奏ダンスがダンサーのソロって感じです。

ダンサーのソロに関してはみんな最高にクールだったんですが、特にshingoさんだったかな~。多分shingoさんが一番カッコよかったです。

たしか三浦大知と背中を合わせた状態で立ってて、自分の番になると忍者屋敷の扉のようにクルリとポジションチェンジして踊ってました。

f:id:shiiman:20171228134221g:plain

 

そんでね~この曲で盛り上がった所はやっぱ三浦大知のダンスパートですね。

多分この曲で合ってると思うけど(記憶が曖昧)三浦大知は独立した高いステージの上で前の方に出てきてソロダンスを踊ってたましたよね?

で、そのステージの高さが結構高いし、なにより意外と狭いんすよ。

そんでだいぶ激しいダンスを繰り広げるんすよ?

 

マジ危ねーのwww

 

Door to the unknownの時もさ、机の上で激しいダンスしてるし、Darkest Before Dawnでは足場の整ってない岩の上でダンスしてるし...

ホント危ないところで踊るの好きだよね彼。

映像化したら右下とかに

「※良い子はマネしないでね」

って出てくるレベルのことやってますよ。

つーかそもそも、椅子の上に土足で立って「無重力のスカイ」?

それも行儀悪いわ!!

って感じですよ。

ホント「良い子はマネしないでね」です。

 

 

でも、三浦大知は良いーーの(笑)

 

 

 

 

 

 

17. EXCITE

 

この曲の盛り上がりはすーーーっごいっすね。

タオルタオルタオルタオルタオルって感じw

踊りもめっちゃカッコよかったし、マジで全然疲れを感じさせないです今回。

さすがにダンスは抑え気味だったりはするけど、歌声に疲れなんてモノは一切感じませんでした。

それをさ、平然と楽しそうにやってるからあんまり凄さ伝わらないかもしれないけど、マーーージで凄いっすよねあれは...。

 

 

 

 

 


18. MUSIC

 

めっちゃ平和な曲来た~www

そんで、残念ながらこの曲に関してあんまり語ることないです(笑)

 

 

 

 

 

19. Life is Beautiful 

 

生で初めて聞けました!この曲!

もうね、中耳炎の人が聞いたら2秒で治ります。ってぐらい美しくて優しいっていうかなんというか...

なんかマジでヒーリング効果あるんじゃねぇの?と感じる歌声でした。

あと他の曲もそうですけど、この曲が一番 "生の方が良いかも" って思いましたね~。

 

そんで、この曲でLIVEは一旦幕を閉じます。

 

しょー君に「初大知どうよ」と聞いたら

「声が太すぎる...しかもあの耐久力が意味わかんねぇ」と言ってました。

うーん、そーだよね~。

綺麗に伸びて美しいかつどこか力強い感じがある歌声って訳わかんないすよね。

しかもそれを20曲ぐらいぶっ通しでやるんだから余計に訳わかんないっすよ。

もう、「人間じゃない」って結論付けて良いんじゃないすかね。(笑)

彼は小学生の時に沖縄じゃなくてクリプトン星からやってきたんすよきっと。

※クリプトン星とはスーパーマンの故郷である

 

 

で、お決まりの大知コールを観客がし始めると、割と早い段階で大知くんがサラリと登場してくれます。

 

 

 

 

~Encore

E1. 誰もがダンサー

 

この曲披露しないのかな~ってのをアンコール待ちしてる時に話してたので、曲が流れた瞬間にめっちゃ上がりましたね。

で、感想としては、無理なのは承知ですが「ダンスが見たかったな〜」と思いました(笑)

ただね、この曲もスンゲー歌うんめぇぇの。

マジで音源と遜色ないんすよ。

っていうか上でも言ってるけど

 

音源より生の方が歌うめぇぇぇぇぇぇぇぇ

 

 

 

 


E2. 普通の今夜のことを - let tonight be forever remembered - 

 

この曲も初めて生で聞きました。

なんて言ったらいいんすかね。この歌って「クソつまんない」っていう割と汚い言葉が歌詞に入ってたりするんだけど、やっぱ三浦大知が歌ってると優しいし、どこか暖かいですよね...

 

 

 

 


E3. U

 

うわぁぁぁあ!

最後にダンスナンバー入れてきてくれたぁぁぁあ

とめっちゃ嬉しくなりました。

っていうか、『U』のパフォーマンスを生で初めて見たけどMVではあんまりキレ重視のダンスじゃないなと思ってたんだよね。でも、全然そんなことなかった...

曲調の割に結構激しいんすね。

で、この曲で改めて感じたけど、やっぱ三浦大知の動きはより音が聞こえるし、音と寄り添ってる感じがありますね。

たまに音なんかいらねーよとばりに無音ダンスをしたりと「大知くんと寄り添ってる音」に対してドSプレイをする大知くんですけど、それも常に音と寄り添ってるから可能なのかと勝手に妄想して納得。www

・・・ちょっと何言ってんのか分かんないっすね(笑)

 

 

 

 

 

おわりに

 

いやーーー。

ばーっと1曲ずつ感想書いていきましたけど

 

本当に楽しかったし幸せな時間だった!

 

そう思えただけで何も申し分ないですよね。

でも、改めてどんなLIVEだったかな~と冷静に考えてみると『BEST HIT TOUR』というだけあって、三浦大知が今まで培ってきた経験だったり、出会ってきた仲間たちがいたからこそ実現出来たLIVE・・・。

まさに、これまでの集大成となったBESTなLIVEだったな~と、凄く感じました。

集大成ってことは、ちょっと悪い言い方すると既視感のある演出だったり展開ってのがちょこちょこあるんですよ。

でもそれは、既視感のある要素を取り入れてるだけであって、ちゃんと全て新しいものになってるんです。

だから、今まで三浦大知と仲間たちが築き上げてきたものを一緒に見てる感じがあって、エンターテイメントはファンと共に創るモノっていうのを改めて感じました。

 

何度も言ってウザいかもしんないですけど、 俺は 8年前から彼を応援してますから、

応援し続けて良かった...本当に良かった!と思えたし

8年前に「このアーティストなんか違う!!」と感じた俺の見る目は間違ってなかった!とも思えました。

 

LIVE初参加でした~っていう方もたくさんいらっしゃったと思うんですが、どうでしたか? 初大知凄かったですか?

LIVE初参加の皆さんが観たパフォーマンスってのは、三浦大知の歴史が詰まった集大成的なLIVEなんですよ!だから三浦大知の歴史を一晩で体験したようなもんですよ!

最高じゃないかァァァァァアア(笑)

 

 

 

・・・もうね、何を語ろうが、結局は今から言う言葉が全てです。

これだけ言わして終わらせてください。

 

三浦大知、ダンサー、そして関係者の皆様。

 

本当に楽しかったです。

素敵な時間をアリガトォォォォォォォォォォォォォォオ

 

 

 

 

 

 

Fin

 

 

 

 

余談

 

LIVE中、熱狂しすぎて汗すんごい書いちゃったんですよ…

で、外すんごい寒いじゃないですか。

2年ぶりぐらいに風邪ひきました。

 

ちゃんちゃん。

 

 

【スポンサーリンク】