しーまんの映画から学ぶ人生

しーまんの映画から学ぶ人生

映画は一人で見に行くけど、なんだかんだ感想は話したい。だけど話す相手がいないからブログを書く事にしました。

【ネタバレ有・感想】『ガーディアンズオブギャラクシー2リミックス』から学ぶ人生

フォォォォォォォォォォオオオオオオ

 

 

ドン

 

 

『ガーディアンズオブギャラクシー2:リミックス』

f:id:shiiman:20170513005735j:plain

スタッフ

監督    ジェームズ・ガン

製作    ケビン・ファイギ

製作総指揮 ルイス・デスポジート
      ビクトリア・アロンソ
      ジョナサン・シュワルツ 

 

キャスト

クリス・プラット    ピーター・ジェイソン・クイル/スター・ロード
ゾーイ・サルダナ    ガモーラ
デビッド・バウティスタ ドラックス
ビン・ディーゼル    ベビー・グルート(声)
ブラッドリー・クーパー ロケット(声)

 

あらすじ

スター・ロードを自称するいい加減なリーダー、ピーター・クイルを筆頭に、美しき暗殺者のガモーラ、毒舌なアライグマのロケット、樹木型ヒューマノイドで25センチまで再生したグルート、マッチョな破壊王ドラックスのガーディアンズの面々が、新たな危機に直面し、再び強大な敵と立ち向かうことになる様を描く。高慢な指導者アイーシャが率いる黄金の惑星で、小遣い稼ぎの仕事をこなしたガーディアンズ。しかし、ひょんなことからアイーシャを怒らせてしまい、追われる身に。危機に陥った彼らの前に、ピーターの父親だという謎の男エゴが現れるが……。(以上、映画.com

 

予告

youtu.be

 

 

 

フォォォォォォォォォオオオオ!!!!!

今回はこれで終わらせようかな

もう伝わるでしょw

 

ま、冗談です。

ちゃんと頑張って書きますが、何から書いて良いか分かりません!

それぐらい皆さんに伝えたい事たくさんあるし、共有したい感想たーくさんあります。

公開日の前日に楽しみ過ぎて、デイブ・バウティスタ(ドラックス)と相撲するという謎の夢を見た。という事だけは先に伝えておきますw

夢の中だったら何してもいいのにしっかり負けて笑われましたよ…

 

まあ、とにかく本当に楽しみだったわけです。

というのも、前作が最高過ぎたから。

前作はスペースオペラな世界観で宇宙船だったり、未来銃だったり、ハイテクなメカがあったりで近未来的な感じなのに、レトロな小物、70年代の音楽などがセンスよく配置されていて

ミスマッチが生み出すベストマッチ

が、あっちゃこっちゃにあり「なんか良い…」ってのが凄く良かったんですよね。

その上キャラたちの掛け合いも見てて凄く楽しいし、楽しい画的な演出もたくさんで

結果的に「楽しい映画」に仕上がってたわけで…

いいですか皆様、『ガーディアンズオブギャラクシー』は見てて

「楽しい映画」

だったんですよ。「おもしろい」とかじゃ片付けられない「楽しい映画」です。

もう何度だって言いますよ(笑)

見てて心の底から「何この映画、楽しい…」ってずーーーと思ってました。

映画ってエンターテイメントじゃんって改めて思える素晴らしい作品だったので、超超好きな作品となっておりました。

そりゃ、楽しみ過ぎてデイヴ・バウティスタの夢見ちゃうのも分かって頂けますよね?(笑)

で、 ガーディアンズオブギャラクシーを本気で愛してる私が待ちに待った本作はどう感じたのか。

 

 

 

って事でそろそろ初めましょうかね、しーまんの映画から学ぶ人生!!!!

 

 

 

 

 

まずは

 

 

キャスト・監督紹介

 

 

ジェームズ・ガン

f:id:shiiman:20170515021333j:plain

天才。

個人的には人情深い人だと思っています。

なんでかと言うと後述しますが、公私ともに仲の良いマイケル・ルーカー(ヨンドゥ)を自身の作品に出演させまくってたり、俳優である弟をGotgシリーズに出演させてたりですね。

以外と知らない人いるのでここで書いときますけど、監督の弟ことショーン・ガンさんはこの人ですよ〜

f:id:shiiman:20170515022447j:plain

このたまらない雑魚感ちょ〜〜〜良いですw

役所で言うと、ヨンドゥの右手であるクラグリンです。

それ以外にも、CGキャラであるロケットの代役を務めたりしてます。

f:id:shiiman:20170515022658j:plain

 

あと、この監督は、はずしたギャグというか、しょーもないギャグが凄い得意な人で

「PG Prun」っていうめちゃくそくだらないエロギャグを撮ったりしてます。

一応リンク貼っておくので暇で暇で暇でしょうが無い時にでも見てみて下さい。

※字幕は無いです。英語分からなくても笑えるやつは何個かあります。

jamesgunn.com

 

 

 

 

 

スターロード/ピータークイル クリス・プラット

f:id:shiiman:20170515024950j:plain

かっこよさとアホさを兼ね備えた魅力たっぷりなエンターテイメント野郎です。

彼の魅力ってかっこよさの隙間にある「隙」なんですよね〜

これに関しては映画秘宝が分かりやすく書いてます。

クリス・プラット彼が素晴らしい!この手のアクション映画の主人公の最大必要条件は、「絶対にテンパらない」こと。どんな状態でも余裕があった。むしろ間抜けなのでは?と思うぐらい。その両方を兼ね備えているのがいいんです!!これ、片方だけじゃダメなんですよ。クリス・プラットは『マグニフィセント・セブン』(16年)でも両方同時に出してましたね。余裕と間抜けが同時に出せるのは、男として一番強いんでよ。
隙のない奴はモテない
                   『映画秘宝』(洋泉社 2017)

 

クリスプラットに関しては過去の感想記事で書いてるので良かったら!

 

www.shi-man6354.com

 

昔のクリス・プラット

f:id:shiiman:20170515025943j:plain

 

現在

f:id:shiiman:20170515030008j:plain

 

 

 

 

 

ガモーラ/ゾーイ・サルダナ

f:id:shiiman:20170515030628p:plain

ガモーラってめっちゃ姿勢が良いんですけど、個人的にそこはガモーラというキャラにとって重要なポイントだと思ってて、ガモーラを演じているゾーイ・サルダナはバレエ等のダンスをやっていたので姿勢がめちゃめちゃ綺麗でハマリ役だと思います。

あと、小ネタとして面白いのは、ロケットの声を演じているブラットリー・クーパーと付き合っていましたwww

 

 

 

ドラックス/デビット・バウティスタ

f:id:shiiman:20170515031429p:plain

最高ですね。このバカw

演じてる人はデビット・バウティスタというWWE(プロレス)の大スターです。

僕はプロレスはかじった程度しか知らないですけど、大スターだってことぐらい知ってます。

僕のいつもお世話になってるWWE好きの先輩はバウティスタが活躍してるのが見れて本当に本当にうれしいみたいですよ。

 

ここで彼の現役時代の伝説的必殺ワザ、「バティスタボム」をどうぞ。めちゃカッコイイです。

youtu.be

 

そしてこちらが、スターロードことクリス・プラットとその奥さんにバティスタボムを教えている仲の良さが分かる写真です。

f:id:shiiman:20170515032820j:plain

 

 

 

 

 

 

ロケット/ブラットリー・クーパー

f:id:shiiman:20170515032931j:plain

演じているブラットリークーパーは俳優の仲でも勝ち組ですよw

なんて言ったってクリスティアーノ・ロナウドの元彼女イリーナ・シェイクと付き合ってる上に子供まで出来てますからね〜

f:id:shiiman:20170515033648j:plain

び、美人…

くぅ〜さすがナイスガイ。

 

 

 

 

ベイビーグルート/ヴィン・ディーゼル

f:id:shiiman:20170515033748p:plain

もう、かわぁい〜い〜

本作で結構グルートがいじめられるシーンがあるんですけど、その後しょぼーんってなりながらトボトボ歩いてるんですよね。

ごめん。

 

カワイイw

 

可哀想だけど可愛い(笑)

結構グルート君、涙流すシーンあるんですけど

ごめん。

 

カワイイw

 

本当に全部可愛いんですよね〜マジで成長して欲しく無い!!!

僕と全く同じ事考えてる女の子がいるので良かったら。

youtu.be

弟がいつか赤ちゃんじゃなくなってしまう事を知ってしまい大号泣するという可愛すぎる動画なんですが、お姉ちゃんを見つめる弟の顔とか全てが面白いですこれw 

 

全然グルートとかキャストの紹介してないけどまあいいや(笑)

可愛すぎるグルートが悪い。

 

 

 

 

 

ヨンドゥ/マイケル・ルーカー

f:id:shiiman:20170515035736j:plain

体が真っ青で歯並び汚ったない奴(笑)

本作で最もおいしい役と言っても過言では無いのではないでしょうか。

くぅ…

ちなみに本作ではイカしたモヒカンみたいなのを頭に付けますが、元々原作がモヒカンなんですよ。

f:id:shiiman:20170515042234j:plain

なので、彼がモヒカンを付けたらなんか上がりました(笑)

 

俳優自体は、マイケル・ルーカーという方でジェームズ・ガン監督作品の常連俳優です。基本的に悪役が多いかな〜。

あ、そうそう、本作ではシルベスタ・スタローンと直接会話するシーンがありますが、『クリフハンガー』ですでに共演済みです。

 

 

 

ネビュラ/ カレン・ギラン

f:id:shiiman:20170515040752p:plain

役のために本当にスキンヘッドにしちゃう俗に言う「女優魂」をお持ちの方。

演じてるのは、カレン・ギランという方です。

f:id:shiiman:20170515041306j:plain

f:id:shiiman:20170515041333j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ガーディアンズオブギャラクシー2リミックス』感想

 

これは「おもしろい映画」じゃねぇ「楽しい映画」だ!!!

かっこいいし、笑えるし、泣けるしで感情が大忙し!!!

 

 

 

もう、超楽しいです。

笑えるシーンがあるからとかじゃないですよ?

映画全体的に監督やら出演者の作品に対する愛が感じられるし、本気で楽しいの作ってやるというか、僕ら観客を楽しませようとする「エンターテイメント精神」をめっちゃ感じるからです。

特にジェームズガン監督は本当にこの作品を愛してるんだと思います。

その作品に対する愛情とセンスが本作を楽しい作品にしてるんでしょうね〜

 

くぅ〜たまらん。

 

とにかくね〜前作は「おもしろい」とかじゃ片付けられない「楽しい映画」だと書きましたけど、本作もばっちり「楽しい映画」でした。

 

ちなみに前作はスターウォーズを超えてやるぜい!!っていう意気込みをバシバシ感じる作品でもあったわけで、上映時間が『スターウォーズ:新たな希望』と同じだったり、スターロードのマスクをダースベイダーのマスク造形師が作ったりしてたのは有名な話です。

というか、僕からしたらスターウォーズを超えてるとまで思ってる(笑)

当時スターウォーズを見て映画にのめり込んでいく少年たちがいたように、現代では、ガーディアンズオブギャラクシーを見て映画の楽しさを知り、映画にのめり込んでいく少年たちがいるのかなと思うと素敵な事だな〜って思います。

(ここら辺の話は僕が愛聴してる宇多丸師匠のラジオで話してるので探して見てください)

 

 

 

 

 

まあ、僕が本作を見てどう感じたのかとかは、何となく伝わってると思いますけど、いつも通り具体的にどこが良かったのか書いていきますね。

 

 

 

 

 

 

良かった所

 

・オープニングから最高!!!

 

もう、オープニングから最高です。

前作と同じように、地球から物語は始まるんですけど、その後すぐに〜

ドン

f:id:shiiman:20170513152232p:plain

ルック的に凄いワクワクするきれ〜いな映像が映ってみんなが待っていたガーディアンズメンバーが映ります。

ここだけで最高なんですけどもっと最高なのはこのすぐ後なんですよ。

皆さん、前作のオープニングのタイトルロゴの出方覚えてます?

ピーターがウォークマンの再生押したら〜

 

ドーンですよ。

f:id:shiiman:20170513153034p:plain

この演出があまり見た事のない物なのとリズム感が良くて

「なんか分からないけどセンスいい!」ってなって最高だったんですけど、本作でもそれが出てくるぅぅぅぅぅうううう!!!!

しかもグルートのポーズが上の写真のピーターと同じポーズなんですよね…

 

上手い!!!

 

もう、センスに溢れていて超楽しい。

しかも前作はピーターが音楽を流してタイトルが出たのに対して、本作はロケットがお音楽かけようぜと提案して、グルートが流してタイトルがドーンな訳です。

またまたタイトルロゴ出すタイミングとリズムは良いし、俺たちが見ない間にロケットが音楽の魅力を理解してる感とかもあって本当に最高でした。

しかもロゴを出して「最高」で留まらず、タイトルロゴが出てから僕の好きな画的映像演出が入ってくるんですよ〜。

もうニヤニヤが止まりません。

僕の好きな映像演出というのは説明が難しいんですけど、

ピントがあってる被写体と、それとは別の方、つまりボヤけてる所で何か重要な事をやってるとか頑張ってる人たちがいる、という見せ方です。

凄い頑張ってる人たちがいるんだけど、ピントが合ってるのは何か別のモノっていう演出が凄い好きで、温度感とか空気感の違いが一つの映像の中に入っているのが凄い良いんですよね〜。

本作で言えば、タイトルロゴがドーンと出てからずっと気持ち良さそうに歩いてるベイビーグルートにピントが合ってるけど、その奥のボヤけた所でめっちゃ頑張ってアビリスク(タコみたいなやつ)と戦っているメンバーがいるんですよね…で、たまにピーターとかドラックスとかが吹っ飛ばされてきてピントが合ってるエリアに入ってくる。

うん。

この温度感が違う感じ本当に大好き(笑)

ちなみにこの演出は前作にもあります。

f:id:shiiman:20170513161433p:plain

これです!これです!

ピントがあってる3人とは別の奥の方、ボヤけてる所でグルートが超重要な事してますw

ちゃっかりドラックスがこっち見てるのとかアホ感あって最高ですよね(笑)

 

ちなみに超深読みなんですけど、ジェームズ・ガンはこのピントボケ演出、元から好きだとは思うんですけど、本作のオープニングにあるピントボケ演出は『コードネームアンクル』を意識してると思うんですよ(笑)

『コードネームアンクル』の大好きなシーンなんですが、ソロが優雅にトラックの中でサンドウィッチを食べてる時にイリヤ・クリヤキンはボヤけた所で敵に追われてめっちゃ頑張ってるシーンがあるんですけど(これ、爆発してる音すらならないですからw)

f:id:shiiman:20170514121243p:plain

これを、ジェームズ・ガンが見て

「これいい!ガーディアンズオブギャラクシー2で使おう〜」って思ったと思うんですよ。そんで、同じコードネームアンクルに出てるエリザベス・デビッキを見て

f:id:shiiman:20170514121736j:plain

「お、この子いい!アイーシャに使おう」

f:id:shiiman:20170514121759j:plain

ってなったと思うんですよね〜

少しは辻褄合いません?(笑)

 

はい、僕の深読み劇場にお付き合い頂きましてありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

・前作の要素を持ち込むのが上手い

 

これ、本作がたまらなく良い理由のほぼ大半を占める要素なんですが、前作のギャグ要素とか、キャラクターの魅力を本作に持ってくるのがめっちゃ上手かったです。

これは作品に愛があるから成せる事だと思います。

このキャラクターにこれを言わせたら面白いとか、観客が喜ぶとか完全に分かりきってますね。

ちょっと何言ってるか分からないと思うので、もっと具体的に書きますね。

 

 

前作のギャグとか、印象に残った要素の持ち込み

例えば、ギャグ要素とは違いますけど、先述したオープニングのタイトルが出る時にグルートのポーズが前作のピーターと同じだったり(そもそもタイトルの出方が同じ)

f:id:shiiman:20170514123155p:plain

前作の最後にドラックスがグルートを見るとだるまさんが転んだになる所とかが、本作のオープニングで出てくるとか。

あとはね〜

ロケットって必要もないのに「義足」が必要だとか嘘つくじゃないですか。

それで前作には「こいつの義眼がいる」って言うシーンがあって、そこでスターロードが「いやいや、嘘だから」みたいな感じで止めるんですけど

f:id:shiiman:20170514234131p:plain

本作ではそれをグルートが持って来ちゃうんですよwww

f:id:shiiman:20170514123659p:plain

これ、ニヤリが抑えられなくて爆笑でしたよw

こーいう前作の要素とかを持ってくるのが上手いんだよな〜まじで

あげたらキリがないんですけど、前作ではグルートの肩に乗って銃を乱射してたロケットが本作ではロケットの肩にグルートが乗っかって銃を乱射してるとかもね。最高ですよ…

f:id:shiiman:20170515005647p:plain

f:id:shiiman:20170515010138p:plain

 

 

あとは、ドラックスが比喩的表現を使うようになってる!!www

f:id:shiiman:20170514235528p:plain


前作のドラックスは比喩的表現が通じないというただのアホだったんですけど、それが本作では比喩的表現を使えるように成長してる!!笑
具体的どこかというと、E.G.Oの惑星で性行為の話をしてる時に「俺の下半身が熱くなった」って言う所です笑
これ、前作なら「なぜ下半身が熱くなる」って言うでしょ絶対w
それでもやっぱり空気読めないアホなのは変わってなくて最高です。

 

他には先述しましたが、ロケットやら他のメンバーが前作で凄く印象的だったピーターの音楽を気に入ってるというか、聞き慣れてる感じとか凄くいいですよね。
要は俺たちが見てない間にこいつら仲良くなってやがるって感じです。
こーいうのは、私たちが映画で見てるキャラ達のやり取りや活躍意外の場所、例えば1作目と2作目の間とかにこんなやり取りしてるのかな〜とか想像させられますよね。
この、キャラたちの日常を想像させられる感じがキャラクターが本当に生きてる感じがするわけです。
多分あいつら本当に宇宙のどっかにいますよww
こういったように、本当にキャラが生きてる、存在するように思わせるのは、前作の印象的な要素を持ち込んで、繋げるのが上手いからだと僕は思います。
友達と喋ってても、ちょっと前にした話とかを持ち出して盛り上がったりするじゃないですか。
これは、生きてる僕たちからすると当然の事です。
ですが、本来生きてないキャラクターが前作の要素を持ってきたり、前作があーだった事がちょっと変わってたり、成長してたりすると本当に生きてる感じがするんですよね〜


あっぱれジェームズ・ガン!演者たち!

 

しかも、本作では俺たちが知らない所でキャラたちは、こんなやり取りをしてそうと想像させられる上に、最後の方に観客が知らない間に仲間とこんな時間を過ごしてました見たいなフラッシュバックまで入れてきやがるからさ…

 

そりゃ泣くわ!!!

 

ロケットと楽しそうに空飛んでる映像とかさぁ!!

あれ、絶対メカを手にして

「これイカすな〜ちょっと飛んでみようぜ」

「ひょ〜最高〜」

的な事やってんだよ…

あとは、ヨンドゥに銃の撃ち方教わって楽しそうにしてる映像とかさ…

もう詳しくは書きません!(笑)

 

 

 

 

 

・やっぱり上手いミスマッチが生み出すベストマッチ

 

f:id:shiiman:20170517012403p:plain

 

今回も抜群に上手かったですね。

あ、ミスマッチが生み出すベストマッチってのはスペースオペラなのに70年代音楽が流れてたり、近未来的な要素にレトロ要素を入れ込んでくる所です。

勝手にミスマッチが生み出すベストマッチって言ってます(笑)

僕は、音楽はあまり詳しくないので、今回は小物とかの話をしますね。

 

オープニングのアビリスクとの戦闘から出てくるから最高なんですが、やっぱこれですよね。

f:id:shiiman:20170515001113p:plain

これは、アメフトをモチーフにした携帯ゲームで「マテルフットボール」というゲームです。

これを映画内に取り入れるというセンスですよ。

敵を知らせるレーダーになぜこれを採用しようと思いつくのか、さっぱり分かりません。

 

天才です。

 

僕は、このゲーム機まったくをもって世代ではないですが、親父がこういうのよく教えてくれるので知ってました。

だから、僕の親父世代が本作を見たらたまらないんでしょうね。

 

他には金色姉さんアイーシャが率いる惑星ソブリンの宇宙シップが遠隔操作なんですけど、その効果音がさ…

インベーダーっていうか、昔のシューティングゲームの音…

 

たまらん

 

そして、たまらんのはそこだけではなくて、遠隔操作してる宇宙船が残り一体になった時に、まだ操縦してる人の周りを囲んで超応援してるシーンあるじゃないですか…

 

昔のゲーセンあんな感じだわ〜

 

で、死んだと思ったら突然ディスり始めるっていうね。

 

たまらん

 

とにかくこんなんのが本当にいっぱいあってたまらんのですよ。

 

 

 

 

 

 

 

・伏線が、う、うめぇ…

 

脚本が上手いと言っていいのか分かりませんが、話の伏線とか構築が凄くうまかったと思います。
僕はいっつも偉そうに上手い伏線というのは、伏線だと気付かれずに、それが回収されてから「あれは伏線だったのか」と気付く伏線が上手い。って言ってるんですけど、今回まさにそれ。
全然気付かなかった。

本当に自然にうま〜く伏線が配置されてたと思います。

ちなみに前作もすご〜くお上手で、例えば序盤から母親の「Take my hand」を出しておいて、それがラストバトルに活きてくるとかね。

f:id:shiiman:20170515003305p:plain

これは、話の伏線として上手いうえに、泣けるしで上手いを通り越して憎いですねw

普通に見てたら序盤でお母さんが「Take my hand」って言う台詞に対して、これ伏線だろって気づく人なんて、ま〜いないと思います。

 

本作では何個かありますけど、代表的なのはヨンドゥですよね…

僕らのスタローンが出てきて、掟を破ったヨンドゥに対して「お前は〇〇の光に照らされる事はない」って言うじゃないですか。(細かなセリフ忘れました。すいませんw)

あれもね〜詳しくは言わないですけど伏線ですよね〜

見ててまったく伏線だとはまったく思いませんでした…

ヨンドゥゥゥゥゥウウウウ

 

 

後から思い返して伏線だったのかなと思ったのは、ピーターが子供の時に喰われなかったのは子供だと小さな所にも入って行けるからというやりとりです。

これのどこが伏線なのかと言うと、ラストバトルでのグルートです。

「小さな」グルートが重大な任務を任さられるわけですが、あれはグルートぐらい小さくないと入っていけない所に行かないといけないという展開ですよね。

これ、「ピーターが子供の時に喰われなかったのは子供だと小さな所にも入って行けるから」というやりとりが活きてません?ちゃんと狙った伏線だとしたら上手すぎません?

 

あっぱれジェームズ・ガン!!!!

 

 

 

 

 

 

・前作に引き続き、色彩が美しい

f:id:shiiman:20170517012515j:plain

 

前作も美しかったですが、本作もそうで映る映像の90パーセントは全て美しいです。

多分、この映画は音を消して見ても楽しいと思います。

何でもCGで表現出来るようになってきた時代だからこそ、逆に映画界では出来るだけ実写だったりロケで撮るのがここ最近流行ってます。

でも、本作の場合はCGで出来る事を最大限に活かして、絶対に現実世界には無い美しさを作り出し、観客に夢を見せてくれます。

こういった所で楽しいと思ったり、ワクワクしちゃう人は、キャラクターが誰も喋って無い時でも映ってるものが美しくて画的に楽しかったりするので、「この映画はつまらない時間が1秒も無い」と感じるかもしれません。

僕のことですけど。

 

 

 

もう、褒め疲れた…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

悪かったというか、ん〜って思った所

 

強いて言えばです。

ラストバトルで、ピーターことスターロードが無双というか、神の領域になるじゃないですか。

やりすぎですwww

あれはパックマンがやりたかっただけなんでしょうけど、やりすぎ(笑)

ガーディアンズオブギャラクシーの魅力は全員超能力とか持ってないってのが魅力の一つなので、ピーターがこのまま特殊能力手に入れたらどうしようかと思っちゃいましたよ…

 

あとね、前作の方が良いって意見も分からなく無いです。

f:id:shiiman:20170517020110p:plain

前作の方が惑星を滅ぼそうとしてる敵が目の前にいたり、救わなければならない人々が割と近くにいたりするので、

f:id:shiiman:20170517020145p:plain

分かりやすく盛り上がるし、分かりやすく罪のない人々を救っているので凄い称賛を送りたい感じだったけど、本作では規模はデカくなってるけど人知れず銀河を救っている感じなんで、いまいち称賛を送りたい感じにならない感はあります。

だって、今回銀河を救ったのはあいつらだって知ってるやつらいないでしょ?

 

 

まあ良いのですよこんなのわ(笑)

 

充分楽しませてもらったんだから文句なんて

 

 

 

どーでもよい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 『ガーディアンズオブギャラクシー2リミックス』から学ぶ人生

 

 

〜親の愛情に気づくのは誰だって〇〇年後〜

 

 

 

スターウォーズはよく、「宇宙を舞台にした壮大な親子ゲンカ」と言われますが、本作のGotg2もまさにそうですよね。

本作はそれにプラスして「愛情」も描かれます。

ご丁寧に反抗期グルートを出してピーターが「ヨンドゥも大変だったろうな」的な事を言うんですよね。やっぱね、子供ってのは親の愛情や大変さに気づかず後から気付くんですよね〜

僕だってまさに気づいてなかったですもん。

ウザいとしか思ってなかったです。

だって僕の親とかなかなかイカれてまして、初めて中学の時に出来た彼女を初めて家に送ってあげた時に、母親が僕の帰りがいつもより遅いって事で警察に通報して中学時代しーまんの大捜査劇が始まったんですから。

当然僕は発見され、何がなんだかわからないまま説教されてました。そんな親イカれてるとかウザイって思うでしょ普通w

でも、10年経った今思えば愛情が故だったというか、心配だからこそだったんだろうな〜って思えます。

僕の話はなかなかイレギュラーかもしれませんが皆さんも、あの時はウザいと思ってたけど、今思えば違うな〜ってのありませんか?少なからずあると思います。

だから、今お子さんがいられる方は子供が言う事聞かなかろうが、どれだけムカつこうが「なんで親の気持ちが分からないんだ!」とか「親の気持ちを考えろ」とかあんま言わずに気長に守ってあげて下さい。普通に育てば必ず愛情に気づきますから。

逆にまだ、育てられる身の方は親に対して「ウゼェ」とか思うのも分かりますけど、少しぐらい親の気持ち考えてみたり、誰のおかげで生きてるのか考えて見てください。

こんな事を教えてくれる「楽しい映画」はなかな無いですよ。

しかも、本作は親子で見に行く映画でもありますから、本当にいい事教えてくれてますね…

 

そーいえば、中学の時に誕生日の近くに母親と大ゲンカして「出てけ!!」とか

「テメーに誕生日プレゼントなんかねぇ!!!」って言われて、仲直りしないまま誕生日の前日に俺がずっと欲しいと言っていた「PSP」が車のトランクに隠してあるの見つけて泣いたのを思い出したな〜

母さん、俺この出来事いまだに覚えてるよ〜

もういいやこんな話(笑)

本作のズーンのくだりで思い出しちゃいました…

 

 

 

 

 

前作の方が良いかな…という意見も分からなくはないですが、そんなの本作には関係ない!!!

どっちも楽しいからいいんだよ!!!

読んでいただきありがとうございました!!!

 

 

 

 

 

 

Fin

 

 

 

 

 

SHI-MAN WILL RETURN

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追記

 

髪が乱れてるアイーシャ見てドキっとしたの僕だけ?(笑)

 

 

 

 

 

f:id:shiiman:20170515045815p:plain

これ、マンティスが隕石的な物に吹っ飛ばされた時の表情なんですけど、2人とも視線が微妙にズレているんですよね。

これ多分わざとですw

監督はこういうのわざとやる人です(笑)